目次
  【写真:三瓶賀子・無断転載禁止】

ホームへ戻る























                                

 『演歌つれづれ』にようこそ。このエッセイは、私の前半生、いわば若かりし頃の泣き笑いの人生模様を懐かしい歌の数々に託して描いた思い出話ですが、書くほどに「私」が我が身を離れ、あたかも私小説のごとくに書き綴られていきました。
   一話一話に魂を込め、歌い継がれる名歌の精髄に迫ったつもりでもあります。
   人生の哀歓を歌つれづれに分かち合って頂ければ、この上なく嬉しく思います。
 この「演歌つれづれ」は2006年に、武蔵野書房から出版しましたが(上製本)、現在絶版となり、あらたに「書肆彩光」から「歌は心の帰り船」と改題の上、文庫版にて出版されています。
→(目次)

  連 絡 先